診療案内

 膀胱炎は細菌感染により膀胱粘膜に炎症をきたした状態。
排尿の際の
痛み違和感頻尿(おトイレが近い)、尿意
切迫感
(すぐにまたトイレに行きたくなる)、残尿感
主な症状ですが、
肉眼的な血尿が出る場合もあります。
女性(とくに
性的活動期にある)に多い病気です。



 ごく初期のうちは
水分をとりトイレにこまめに通うことで
細菌が洗い流され自然治癒する場合もありますが、たいていは
抗生物質による抗菌治療が必要になります。初回感染の場合は
治りが良いため、
通常は3日間程度の抗生物質の内服で完治
します。

 しかし、
多剤耐性セフェム系、ニューキノロン系の
抗生剤が効かない大腸菌(ESBL産生菌)による膀胱炎
も増え
ています。薬剤を数回変更しても治らない場合は特殊な抗生剤
の点滴が必要となることもあり、その場合は病院へ紹介します。

初期治療が不適切だったりすると慢性化し治療に抵抗を示し
たり、炎症が腎実質に及び
腎盂腎炎(腰痛と高熱)となり
入院治療が必要となる場合もあります。

 いずれにしても、いち早い治療が望ましいので、恥ずかし
がらずに
早めの受診をお勧めします。検尿と問診のみで診察が
可能
です。

***************************

 
難治性の場合は、膀胱内に結石、異物(含む腫瘍)などが
あったり、
膀胱機能に障害があり排尿後に残尿があったり
する場合もあります。その際は、膀胱鏡検査や排尿機能を
みるためのレントゲン検査を行い基礎疾患の有無をチェック
します。



ページトップへ