診療案内

STD治療対象
STD除外

<性感染症STDとは>

 性行為にともない、通常は異性間で生じる感染症を
いいます。男性の場合はその大半が尿道炎であり、
大部分がクラミジアによる感染です。

コンドーム未使用の性交渉(オーラルセックスでも)
後に、粘液性の分泌物があり排尿時痛がある場合は
感染した可能性があります。(無症状の
潜伏期間1〜
2週間
クラミジア性尿道炎ではあまり症状が顕著
でなく気づかない
ことも多いようです。通常は飲み薬
で治療が可能ですので、おかしいなと感じたら早めに
受診してください。

 淋菌性尿道炎では黄色い膿が出るため、すぐに気づき
ます。(
1週間以内に発症します)有効な内服薬は
ジスロマックSRのみ
抗生剤の点滴の方が治療は確実
です。風俗店での感染が多いです。

  ※電話での問い合わせはお控え下さい。
    
窓口では正確な回答は致しかねます。
   
時間外の受付は月火金のみです。
          (ネット予約不可)
   (翌日提出となり
結果は1日遅れます。)

<保険診療の対象
症状のある方とパートナーが検査陽性と言われた方のみ。
口内炎症状のみの方は耳鼻科を受診してください。



ページトップへ